私はこの前、生まれて初めて消費者金融のキャッシングを利用しました。消費者金融の会社はたくさんあるので、どの会社にするか迷いましたが、アイフルにすることにしました。アイフルに決めた理由は、歴史のある大手の会社なので、信頼性が高いと思ったからです。キャッシングの申し込みはパソコンから簡単にすることができました。事前に1秒診断という簡易審査があり、私は融資が可能だと判定されたので、安心して申し込むことができました。必要事項を入力して送信するとオペレーターから携帯に連絡があり、申込内容の確認が行われました。その後、私の勤務先の会社に電話があり、在籍確認が行われました。会社の人にはアイフルの名前を使わずに個人名で電話をしてくれたので、誰にも知られずに申し込むことができました。審査の結果、私は無事審査をクリアすることができ、必要なお金は直ぐに銀行口座に振り込まれました。急いでいたので、本当に助かりました。

美容に高い関心がある私は使っている化粧品も高価なものばかりです。
どうせ使うなら高い物の方が効果があるんじゃないかと思うからです。女性はいつまでも綺麗でいたいですし、いい化粧品を使っていると心まで豊かになるような気もしますし・・・。
しかし、一つ困った事があります。それはお金がかかるという事です。いつも高価な化粧品を買っている私はお給料だけで賄いきる事が出来ず、とうとうアコムを利用する事になってしまったのです。
どうしてアコムから借りたのか?ですが、いつも電車に乗っている時、アコムの広告が目に入るから。いつかお金を借りる事があったら、アコムで借りようと思っていました。
アコムを利用して思ったんですが、とにかくサービスが充実していていいですね。特に会員になったら受けられる特典が多すぎです。例えばペイジーを使ったネット返済はすごく便利で助かっています。いつでもどこからでも返済が出来るというのは大変嬉しい事です。

 

パートをしていればアコムに申し込めると思っていましたが、審査に落ちてしまいました。
審査に落ちた原因を考えていましたが、おそらく、他社の借入額が多かったのが原因だと思います。
アコムは、総量規制ローンだと聞いていたので、年収の3分の1までしか借りれないそうです。
私の場合は、月に5万円のパート収入があり、15万円ほど別の消費者金融から借りています。
すでにローンがある人は、銀行のローンの方がいいのかもしれませんね。

アコムで増額するならこのサイトをご覧下さい!

銀行カードローンは消費者金融と比べると、審査時間が長くかかる傾向にあります。
短い場合でも数日、長いと2週間近くかかることもありますが、みずほ銀行なら最短即日でお金を借りることができます。
急いでいるから消費者金融と考える人もいますが、高額融資が可能なみずほ銀行も検討する価値があります。
とくに、消費者金融からの借入れが難しい専業主婦の場合は、みずほ銀行カードローンを第一候補に考えてみてはいかがでしょうか。

通信販売の支払いが滞り、督促状が頻繁に自宅のポストに投函されるようになりました。
何とかしなくてはと思い、プロミスでキャッシングをすることにしました。
今まで何度もプロミスでキャッシングをしていて、とても信頼しているのでまたお願いをしました。
ビルの階段を昇ってプロミスのATMまで行くと、丁度従業員の方がいたので、事情を説明しました。
すると快く対応してくれて、今回は受付窓口で直接現金3万円をキャッシングすることができました。
プロミスの従業員の感じの良い対応に、信頼感が更に高まりました。

土日にカードローン【休日であっても即日融資を受けたい方】

おまとめローンの意思表示とは

意思表示は何事においても重要です。物を購入する際の意思表示や、求愛、就業など、それを行わないと始まらないとさえ言えます。
 ところで、おまとめローンにおいて現在の法律(貸金業法)では、「金融会社側からの」、(おまとめローンを用いての)ローンの一本化を勧めることは禁じられています。それ即ち、「借り手側からの」一本化への意思表示が求められているに他なりません。したがって、必ず、「残存するローンをまとめたい」と意思表示してください。それなくば、おまとめローンが組めなくなる可能性があるのです。
 また、これは意思表示とは異なりますが、例えばあなたがインターネットを経由して申し込みをし、その確認が金融機関から入ったとします。その際は、インターネットで入力した事項を正しく通知することに注意が必要です。誤った事項を告げると落とされる可能性があります。
 これって、当たり前のことのように思われますが、案外に入力事項と違うことを言ってしまう方が多いようなのです。

先日お金が無くて困っていた時、プロミスに助けられました。
職場のお昼休み、食事に行った時にどうやらお店に財布を忘れた様なのです。
それに気付かず、帰り道バスに乗ろうとしたらお財布が見当たりません。
お金から定期からクレジットカードまで全て財布の中です。
唯一保険証等の身分証明書だけがカバンの中に残っていました。
取り合えず、帰りと明日のバス賃をどうにかしなければ考えましたが良い案が浮かびません。
困っていたところ、会社の前にプロミスのお店がある事を発見しました。
幸い身分証明書はもっていたので、もしかしたらお金が借りられるかもしれないと思い、ダメ元でプロミスに行ったのです。
初めての利用なので緊張しましたが、簡単な審査でお金を借りる事ができ、ホッとしました。
そして翌日、まず警察に届けて一件一件昨日寄ったところを確認して歩いたところ、いつもお昼を食べに行っているお店で持っていてくれたのです。
直ぐにプロミスにお金を返済しました。
こういった緊急時にプロミスは本当に便利で助かります。

改正貸金業法・改正出資法の施行により、プロミスなどのキャッシングは、格段に安心して利用することができるようになりましたが、一部の方にとっては、注意しないといけない問題があるのも事実になります。

これは、2010年6月18日に施行された「改正貸金業法」による「総量規制」の問題になります。

総量規制によると、プロミスなどの貸金業者は、「利用者の年収の3分の1以上の貸付けをしてはならない」という制限になります。

分かりやすく言うなら、年収300万円の人は、借入れの総額が100万円まで、と制限されてしまうことを意味しています。

また、失業されている方、専業主婦の方は、現金の収入がないことになりますので、事実上、プロミスに申込みをすることができないということになります。

そのため、プロミスのキャッシングを利用するためには、アルバイトやパートなどでも良いので、「収入を得ること」がとても重要になってきます。

プロミスの申込みのときに、希望額が50万円以下であるときには、所得を証明する書類は不要ですし、所得の申告も自己申告になります。

しかし、50万円を超える借入希望額の申込のときなどは注意するようにしてください。

総量規制対象外の消費者金融はこちら!

総量規制以上の借入をするには?

カードローンの申込みをするにあたり、総量規制が気になる人も多いのではないでしょうか。

総量規制は、過剰貸付を防止するためのルールで、原則として、

 「年収の3分の1までしか融資してはいけない」

というものです。

しかし、総量規制以上の借入が必要になることもありますので、そのときの対処法についてご紹介したいと思います。


■総量規制の対象となる融資は?

まず、総量規制で「どの融資」に規制がかかっているかを理解する必要があります。

総量規制では、消費者金融やクレジット会社などによる

 キャッシング(現金の貸付け)

が年収の1/3を超えてはいけないとしています。

さらに、金融機関1社ごとに1/3ではなく、すべての融資の合計額が1/3を超えてはいけない、という点に注意するようにしてください。


■総量規制以上の融資を受けるには?

総量規制以上の融資が必要になったときは、この規制のかかっていない、「銀行」のカードローンを利用します。

銀行は、普通銀行なら「銀行法」という規制のもとで営業しますが、総量規制のある「貸金業法」の規制は受けません。

そのため、銀行は、独自の基準によって、総量規制以上の融資をすることもあり、高額融資を目指すような方に人気があるサービスとなっています。


■専業主婦は要注意!?

総量規制以上の借入れをするときは、銀行カードローンを選ぶことを説明しました。

しかし、年収のない専業主婦については、申込みが認められているローンと、認められていないローンがある点に注意が必要です。

専業主婦の利用を認めている、人気のある銀行カードローンは、

 みずほ銀行カードローン

になります。

最高1000万円までの融資が認められ、限度額200万円までなら、収入証明も必要ありません。

専業主婦については、限度額が30万円に制限されますが、生活に必要な支出に備える分には、十分な金額だと思います。

このように、年収の3分の1を超える融資が必要なときは、銀行のローンを検討してみてはいかがでしょうか。